準確定申告の申告と納付

準確定申告の申告と納付

所得税は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得について計算し、その所得金額に対する税額を算出して翌年の2月16日から3月15日までの間に申告と納付をすることになっています。

しかし、年の中途で死亡した人の場合は、相続人が、1月1日から死亡した日までに確定した所得金額及び税額を計算して、相続の開始があったことを知った日(死亡の日)の翌日から4か月以内に申告と納付をしなければなりません。

これを準確定申告といいます。

ただし、確定申告をしなければならない人が翌年の1月1日から確定申告期限(原則として翌年3月15日)までの間に確定申告書を提出しないで死亡した場合には、前年分及び本年分とも相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内です。


準確定申告申告&納付例えば・・・
原則相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内に申告と納付10月20日に死亡した場合・・・2月20日が期限となります。
1月1日から3月15日までの間に前年分の確定申告書を提出しないで死亡した場合前年分及び本年分とも相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内に申告と納付3月10日に前年分の確定申告をしないで死亡した場合・・・前年分及び1月1日~3月10日までの2年分ともに、7月10日が期限となります。

ご相談/お問い合わせ

まずはお電話またはメールにてお話しをお聞かせ下さい。
お電話:042-645-9588(受付時間 平日:9:00~17:30)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

Designed by Antbag , modified byQHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional