相続税の申告と納付

相続税の申告期限と納付期限

相続税の申告期限

相続税の申告は被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10か月以内に行うことになっています。

例えば、1月6日に死亡した場合にはその年の11月6日が申告期限になります。

なお、この期限が土曜日、日曜日、祝日などに当たるときは、これらの日の翌日が期限となります。

相続税の納付期限

相続税の納付は、上記の申告期限までに行うことになっています。

ただし、一度に納めることが困難な場合には、延納または物納を選択することができます。

  • 延納
    相続税を何年かに分けて金銭で納める
  • 物納
    相続などで取得した財産で納める

なお、この延納、物納を希望する方は、申告書の提出期限までに税務署に申請書などを提出して許可を受ける必要があります。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

Designed by Antbag , modified byQHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional