贈与税申告

贈与税申告

贈与税は相続税の補完税とも言われている税金で、相続税よりも高い税率が設定されておりますが、相続税と同じく贈与税の申告も、誰もがしなければならないといったことではなく、贈与を受けた人で、かつ贈与財産が下記の基礎控除額を超える場合に限り、申告が必要となります。

申告が必要な人

  • 原則
     一人の人が1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計額から基礎控除額の110万円を差し引いた残りの額に対してかかります。
    もらった財産の合計額>110万円 → 要申告
     したがって、1年間にもらった財産の合計額が110万円以下なら贈与税はかかりませんので、贈与税の申告も不要です。
  • 相続時精算課税
     「相続時精算課税」を選択した贈与者ごとにその年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与を受けた財産の価額の合計額から2,500万円の特別控除額を控除した残額に対して贈与税がかかります。
     なお、この特別控除額は贈与税の期限内申告書を提出する場合のみ控除することができます。
     また、前年以前にこの特別控除の適用を受けた金額がある場合には、2,500万円からその金額を控除した残額がその年の特別控除限度額となります。

申告及び納税

贈与を受けた年の翌年2月1日~3月15日までに申告及び納付をすることになっています。

料金表

贈与の内容に応じてお見積りさせていただきます。

ご相談/お問い合わせ

まずはお電話またはメールにてお話しをお聞かせ下さい。原則、面談に寄る対応をさせていただいておりますが、いきなり面談での相談には抵抗があるといったお客様はメールにてご相談下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

Designed by Antbag , modified byQHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional